自立神経失調症の原因を調べる|治療で病気を改善

医者

交感神経に異変が起きると

患者と医者

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスがうまく行かなくなる病気で、様々な症状があります。ストレスが原因のことも多く、そのような時は体を動かすのが、気晴らしにもなるのでお勧めです。また、症状がひどくなる場合は、自律神経失調症でないことも考えられますので、速やかに総合病院で検査を受けましょう。

Read More...

様々な心身の不調の原因

女性

自律神経失調症は、心身の不調があって内科や外科で検査を受けても原因がわからなくて、特に異常が見られない場合は自律神経失調症と診断されます。自分でも生活の見直しをして、専門家に早めに相談することが回復の近道になります。自律神経失調症の治療は、時間がかかりますが、あせらずゆっくり治療して下さい。

Read More...

気になる症状の原因を探る

病棟

日常的にストレスを抱えていて身体に頻尿や頭痛などの症状が現れている場合は自律神経失調症を疑ってみる事が大切です。こうした病は多様な症状が発生します。自律神経失調症の治療方法は多様ですから自分にあうものを探してみましょう。

Read More...

自律神経系の不定愁訴

自律神経失調症は交感神経と副交感神経の二つがあります。どれがあてはまるのか気になっている人はコチラのサイトを調べてみるようにしましょう。

原因とタイプが多様

女性

自律神経失調症は自律神経系の不定愁訴が生じながらもその症状が一般的な疾患概念に当てはまらない場合に診断されることの多い診断名で、確率された疾患概念や診断基準がある訳ではない症状です。そして、自律神経失調症には原因やタイプが多様であるという特徴があり、原因については生活リズムの乱れや環境の変化、人間関係や仕事などの社会的ストレスといった精神や肉体に対するストレスと、これらのストレスに対して先天的に性格面や体質面で弱い耐性が複雑に絡み合って発症すると考えられています。また、自律神経失調症のタイプは大きく4つに分かれていて、元々持っている体質に起因する本態性自律神経失調症、感情の移り変わりなどの精神的なストレスに起因する神経症型自律神経失調症、日常生活のストレスに起因する心身症型自律神経失調症、更に心身症型自律神経失調症が進行してうつ症状が生じてしまう抑うつ型自律神経失調症に分類されます。

治療法も様々

自律神経失調症は効果的な治療法も患者によって異なります。自律神経失調製剤や精神安定剤などの投薬治療を行うケースもありますが、投薬治療では根本原因が改善されないために症状が改善しないというケースもあります。このようなケースは、精神面、もしくは肉体面に根本的な原因がある場合が多く、根本的に精神的なストレスに弱い場合には、自律訓練法などによるセルフコントロールやカウンセリングなどの心理療法によって症状の改善を図ることで根治を目指すというやり方が最適な治療法となるケースが少なくありません。また、姿勢の悪さなど、身体のどこかに肉体的なストレスを生じる原因があり、そうしたストレスが自律神経を狂わせている場合もあります。そうした場合には投薬治療よりも整体や鍼灸などの治療が最適な治療法となる場合もあるのです。従って自律神経失調症の治療に際しては、根本的な原因が何なのか、そしてその根本原因を取り除く最適な治療は何なのかを調べることが大切なのです。