自立神経失調症の原因を調べる|治療で病気を改善

医者

様々な心身の不調の原因

気づかぬうちに崩れている

女性

最近どうも体の調子が悪い、体のいろいろな所が痛いなど原因がわからない心身の不調に悩まされている人が増えています。いつのまにか崩れている心身の不調を自律神経失調症と言います。主な体調不良が、頭痛・吐き気・腰痛・関節痛など内科や外科で検査を受けても原因がわからない事があります。そんな時は、自律神経失調症の可能性があります。他にも、食欲不振・体重減少・気分の落ち込み・不安・眠れないなど様々な生活の乱れが続くのも、自律神経失調症の症状です。自律神経失調症の場合は、病院で詳しく検査をしてもはっきりとした原因がわからなくて、でもつらい症状が続く場合治療をした方が良いです。早めに治療を始めないと、症状が進行してうつ病になってしまうこともあります。気づかぬうちに、生活のリズムを崩していていることが多いので、毎日の生活で無理をしていないか、きちんと眠れているか、食欲はあるかなど定期的にチェックをすることで防げることが多いです。疲れをため込まないように日頃から、リラックスできることや楽しみを持つことを心がけて生活して下さい。

早めに治療をして

自律神経失調症の症状が、少しでも自分に当てはまるようなら、専門家に相談して早めに治療をして下さい。崩れてしまった自律神経を元に戻すのは、時間がかかります。治療がすぐに効果が出なくても、あきらめずにゆっくりと治療をして下さい。内科や外科でも自律神経失調症のお薬は処方されますが、様々な症状が重なって出ている場合やなかなか改善しない時は、紹介状を書いてもらって、心療内科や精神科を受診することを勧めます。自律神経失調症の薬は、たくさんの種類がありますので、内科や外科では処方されない薬も精神科では処方できます。今までの生活を見直して薬だけに頼らずに自分の回復力を高める努力も必要です。仕事が休めれば、思い切って休養をとることも回復への近道です。